商品情報

商品愛用者と編集部による隠れヒット商品を巡る掘り出しトーク

気になる名品 ~スタッフトーク編~

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

今週の名品はこれ!
魚感がすごい名物はんぺん。“ハムかつ”ならぬ、“イワシかつ”でいただきます。

いわし黒はんぺんフライ イメージ写真
「私事ですが主婦一年生の大麻。いわし黒はんぺんのフライは大ヒットおかずで、即レパートリーに仲間入りしました。“ハムかつ”に似た“イワシかつ”ですが、骨ごと魚が食べられるのがうれしい!」

編集室(以下「編」):今回は大麻さんが初登場ですね。大地を守る会の機関紙『NEWS 大地を守る』の制作を担当しているんですよね。

大麻:はい、全国の生産者さんのお仕事ぶりを、会員の皆様に伝えさせてもらっています。その取材で出会ったのが、こちら。静岡県の由比港近くで練り物店を営む、いちうろこさんのいわし黒はんぺんです。

編:ふわふわの「白」ではなく、静岡おでんでおなじみの「黒」ですね。

大麻:そうです。平べったいあれです!で、現地で驚いたのが……とっても大きな石臼に、頭と内臓を取っただけのイワシをたくさん投入して、ずりずりと擂っていくんです。

編:骨ごとですか……石臼で?

大麻:ええ、中骨も小骨も。そこに国産のタラのすり身を足すんです。

編:だからこんなにも“魚感”が。

大麻:そう、食べた瞬間、「お。イワシじゃん!」って驚きますよ。魚を食べている感じが直球なんです。

編:原材料は他にカツオだし、発酵調味料、塩、砂糖、馬鈴薯でん粉。

大麻:はい、とてもシンプルです。いちうろこさんいわく、そもそも練り物とは、魚が獲れる場所によって種類もいろいろ。港によって個性があるのが自然だと。

編:港の数だけ練り物がある。

大麻:ええ、本来は。でも最近は、弾力を保つためにリン酸塩を添加したすり身を使ったり、いろいろ混ざっているものが多いですよね。

編:はい、練り物が魚だって忘れてしまうくらい……。

大麻:そんな中、ちゃんと魚の味。国産&地元産を使って、弾力は石臼練りで出していますからね。あと最後に、皆さんに絶対試してほしい食べ方を紹介させてください。おでん同様静岡名物の黒はんぺんフライです。衣を付けてさっと揚げるだけ。いちうろこさんに教えてもらって、すっかり魅せられてしまいました。おかずにもおつまみにも最高ですよ。

愛用者 ソーシャルコミュニケーション部 大麻 真衣子
愛用者 ソーシャルコミュニケーション部 大麻 真衣子
いわし黒はんぺん

大地を守る会の『いわし黒はんぺん』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。