商品情報

商品担当と編集部による隠れヒット商品を巡る掘り出しトーク

気になる名品 ~スタッフトーク編~

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

今週の名品はこれ!
まるで大人のための和スイーツ? ドライフルーツ界の王者に決定……です!

信州名産・市田柿(無くん蒸干し柿) イメージ写真
半分にカットして町村農場のクリームチーズをはさんでみたら、すてきなおつまみに変身しました。大地を守る会のために、丹精込めて作ってくれている市田柿、最高峰の味わいを体験してみてください。

編集室(以下「編」):今回熱い思いを語るのは西田さん。お題は市田柿、干し柿ですね。和のドライフルーツといわれ、人気の高い……。

西田:ええ、でもちょっと待って。干し柿とひとくくりにされるのは困るんです。信州の名産品ですが、自然の力で仕上げている正真正銘、手仕事によるもの。しかも、これは無くん蒸で作っているんです。

編:むむ。無くん蒸。硫化水素のくん蒸をしないということですよね。

西田:ええ。干し柿って作ったことがある方はわかると思うんですが、カビが生えやすいですよね。雨が続いて風が少ないなんてことになると、もうアウト。気温が低ければカビは生えにくいのですが、今度は渋が抜けない。繊細な管理が必要なんです。

編:そこで、カビ防止、酸化防止のためにくん蒸することが多いんですね。

西田:はい、それが一般的ですね。

編:生産者さんは信州有機農法研究会の林さん(長野県飯田市)。御年80を超えているとか。

西田:ええ、大地を守る会のために温度と湿度管理のため密閉できる専用の干し場で作り、我々の出荷分だけを無くん蒸で手掛けてくれています。

編:まさかの専用棟なんですね。

西田:くん蒸すればらくにできますが、表面はかたくなるし、独特のにおいが味を邪魔することもある。30年以上前からのお付き合いになりますが、無くん蒸で作りたいという我々の思いに応えて、心意気で続けてくれています。

編:それにしても小ぶりなサイズに飴色の果肉。見事な味わいですよね。

西田:時間を掛けて乾燥させることでこのように糖度が上がり、ゼリーのような果肉に仕上がります。

編:表面の白さは糖の結晶。混じりけのない自然の甘みですね。

西田:ドライいちじくみたいにお酒のおつまみにもいいと思いますよ。クリームチーズをはさんだりしてもおいしい。ぜひ試してみてください。

商品担当 西田 和弘

大地を守る会の『信州名産・市田柿(無くん蒸干し柿)』はこちら

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。