学ぶ

おいしい生クリームは生乳作りからこんなに違う!

意外と知らない “本当の”生クリームとは?

ケーキ

ふんわりとした舌ざわりと口いっぱいに広がる甘さで、多くの人を魅了する生クリーム。そんな生クリームにも、いろいろな種類があることをご存じですか? おいしい“生”クリームの魅力を探りに、「丹那の純生クリーム(乳脂肪47%)」の生産者・函南(かんなみ)東部農協(静岡県函南町)を訪ねました。

 

“生”クリームかどうかは原料の違い

 「丹那の純生クリーム(乳脂肪分47%)」の原材料欄を見ると、書かれているのは「生乳」のみ。一般的に、「生クリーム」や「純生クリーム」と表示されているものは、原料が生乳のみで、分離させたその乳脂肪を使用しています。加工度合いがきわめて低いがゆえに、原料となる生乳のおいしさが、そのまま生クリームのおいしさにつながります。

生クリーム

できたての“生”クリーム

 一方、「ホイップクリーム」や「植物性クリーム」と名付けられているものの多くは、植物性油脂が主な原料。油と食品添加物を乳化させたものがほとんどで、見ためは同じような白いクリームでも、その中身は似て非なるものです。本来の生クリームは、生乳の甘みが生きた”自然なおいしさ“が魅力。そこで、函南東部農協「低温殺菌部会」に所属する内田利光さんに、おいしい生クリームの原料となる生乳作りについて伺いました。

 

牛舎

“生”クリームのおいしさの決め手となる生乳を作る内田さんのもとへ

牛を育てる環境と生乳の鮮度が、他にないおいしさを作り出す

 丘の上に位置する内田さんの牛舎は、遠くに富士山を望み、風通しが良く開放的。給餌する床部分は硬く傷がつきにくい御影石がしかれ、食べかすがたまらないよう工夫されています。また、搾乳時にスキンケア成分の入った消毒液で乳房を拭いたり、1頭ごとに健康状態を把握したりと、きめ細かなケアを欠かしません。

搾乳

1日3回行う搾乳は手際よくていねいにすすめます

牛

搾乳が終わると、疲れるせいか、牛たちは横になって一休み

 「以前、アメリカで酪農を学んだことがあります。1万頭以上も飼育する大牧場では、まるで工場のように牛が管理されていました。効率よく乳量を上げる”しかけ“は数知れず。一方、別の牧場では、牛にストレスを与えない”cow comfort(乳牛の快適性)“という考えのもと、1頭ずつ健康を管理する酪農を実践していました。私が日本でやりたい酪農として選択したのは後者。『牛のために』という思いに基づいています」。

生産者

1頭ごとに健康状態を把握する内田さん

 内田さんが所属する「低温殺菌部会」の生乳は、大地宅配の低温殺菌牛乳の原料でもあります。自然なおいしさをできるだけそのままお届けできるよう低温で殺菌するため、生乳の菌数を抑えることが大事になります。一般的な高温殺菌牛乳用の生乳の菌数と比べると、「低温殺菌部会」は極めて低い数値を誇っています。

 

 搾乳された生乳は翌朝、車で約5分の工場へ。生乳が工場に届いてから約1日で商品になり出荷されるほど、高鮮度な生クリームです。雪のように美しい白色、きめ細かくなめらかな口当たり、すっきりとしながらも存在感のあるこくと甘み。そこに秘められた牛への思いにふれれば、きっとまた魅了されるはずです。

 

大地宅配の「丹那の純生クリーム(乳脂肪47%)」はこちら

大地宅配編集部

大地宅配編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。