レシピ

自分を作る一歩一歩整えごはん

大人の献立vol.43:根菜で作る「普段のおかず」でおいしい発見

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】
ふんわり手作り焼きがんも(左)、里芋のタラモサラダ(右)
ふんわり手作り焼きがんも(左)、里芋のタラモサラダ(右)

じゃがいもや人参など、レギュラーの根菜に加えて、この時季は、里芋や大和芋、長芋……と、お芋の種類が豊富になります。ぬめりやねばりの食感が手伝って、一味違ったおいしさが生まれますので、ぜひ積極的に使ってみてください。

タラモサラダを里芋で作れば、ねっとりと濃厚な味わいになりますし、がんもどきは大和芋でふわふわに。いつものおかずが新鮮な仕上がりになります。

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

Recipe 1
ふんわり手作り焼きがんも

ふんわり手作り焼きがんも
ふんわり手作り焼きがんも

【材料(2人分)】
木綿豆腐・・・1丁
大和芋(または山芋、長芋)・・・100g
玉ねぎ・・・50g
「ちりめんひじき」・・・30g
塩・・・ひとつまみ
ごま油・・・大さじ1
ねりからし、醤油・・・各適量

【作り方】
① 一晩水切りした木綿豆腐をボウルに入れ、へらでくずし、皮をむいてすりおろした大和芋、粗みじん切りにした玉ねぎ、「ちりめんひじき」、塩を加えて混ぜる。

② ごま油(分量外)を手に付けて、①を丸く成形する

③ フライパンにごま油をひいて、こんがりと焼き色が付くまで両面を焼く。ねりからしを添え、お好みで醤油を付ける。

※木綿豆腐は一晩かけて水切りをしますが、この手順さえしっかりしておけば、焼く際に水分が出ずに扱いやすく、表面もカリッと仕上がります。

ねばトロ大和いも

大地を守る会の『ねばトロ大和いも』はこちら

ちりめんひじき

大地を守る会の『ちりめんひじき』はこちら

ねりからし(チューブタイプ

大地を守る会の『ねりからし(チューブタイプ)』はこちら

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

Recipe 2
里芋のタラモサラダ

里芋のタラモサラダ
里芋のタラモサラダ

【材料(2人分)】
里芋・・・400g
「辛子明太子ばらこ」・・・150g
葉ねぎ・・・2本
マヨネーズ・・・大さじ1

【作り方】
① 里芋は泥を落として洗い、皮ごとやわらかくなるまでゆでて皮をむき、ボウルに入れ、へらで軽く割る程度に粗くつぶす。葉ねぎは薄めの小口切りにしておく。

② ①の里芋が冷めたら、「辛子明太子ばらこ」とマヨネーズを混ぜたものを和える。葉ねぎを最後に加えて、さっくりと混ぜ合わせる。

※里芋で作るポテトサラダ。里芋独特のぬめりと明太子、マヨネーズ、それぞれのこくが合わさって、濃厚なまろやかさを楽しめます。

里芋

大地を守る会の『里芋』はこちら

辛子明太子ばらこ使い切りパック

大地を守る会の『辛子明太子ばらこ 使い切りパック』はこちら

特撰 平飼いたまごのマヨネーズ

大地を守る会の『特撰 平飼いたまごのマヨネーズ』はこちら

遠田 かよこさん
遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。『カタログ 大地を守る』のフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。