レシピ

自分を作る一歩一歩整えごはん

大人の献立vol.44:旬の根菜をたっぷりおいしく食べる工夫

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】
れんこんの豚バラ肉巻き(左)、ごぼうのポタージュ(右)
れんこんの豚バラ肉巻き(左)、ごぼうのポタージュ(右)

滋味豊かな根菜は秋冬に旬を迎えます。それまで土の中でじっと収穫を待ちながら、栄養や甘みを蓄えます。他の野菜に比べて水分が少なく素材本来の香りが強いこと、食物繊維を含み食感が楽しめることが根菜の魅力です。

ごぼうの香り、れんこんの食感がまさしくそれ。この魅力を存分に味わうには、焦がさないように注意しながら、じっくりと火を通すことがポイントです。

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

Recipe 1
れんこんの豚バラ肉巻き

れんこんの豚バラ肉巻き
れんこんの豚バラ肉巻き

【材料(作りやすい分量)】
れんこん・・・350g
豚バラ肉・・・200g
塩、片栗粉・・・各適量
ごま油・・・大さじ1
ゆずこしょう・・・適量

A
みりん、醤油・・・各大さじ1
酒・・・大さじ1

【作り方】
① れんこんは皮をむいて棒状に切って酢水(分量外)に浸けておく。水気を拭いたれんこんを、豚バラ肉1枚に対して2~3本巻く。巻き終わったら塩を振り、片栗粉を薄くまぶす。

② フライパンにごま油をひいて、こんがりと焼き色が付くまで焼く。

③ 焼き上がったらAを加えて煮絡める。器に盛り、ゆずこしょうを添えていただく。

※ 旬のれんこんのこりこり、しゃきしゃきとした食感を豚バラ肉のうまみと一緒にいただく肉巻き。片栗粉を薄くまぶすと照り良く仕上がります。

れんこん

大地を守る会の『れんこん』はこちら

大地うまみこい豚バラスライス

大地を守る会の『大地うまみこい豚バラスライス』はこちら

東京都産の原料でつくった柚子こしょ

大地を守る会の『東京都産の原料でつくった柚子こしょう』はこちら

【年に1度の創業祭】人気No1商品集合!旬の野菜お試しセットが50%以上OFF!1980円【送料無料】

Recipe 2
ごぼうのポタージュ

ごぼうのポタージュ
ごぼうのポタージュ

【材料(作りやすい分量)】
ごぼう・・・2本
玉ねぎ・・・100g(小1コ)
「とりがらスープ」・・・2本
豆乳・・・400ml
にんにく・・・1片(すりおろし)
塩・・・ひとつまみ
なたね油・・・大さじ1

【作り方】
① ごぼうは皮をこそいで取り除き、斜め薄切りに、玉ねぎは薄切りにしておく。

② フライパンになたね油を温め、玉ねぎ、ごぼうの順に入れて強火で炒める。火が通ってきたらにんにく、塩を加え、さらにこんがりするまで炒める。

③ ミキサーに②と「とりがらスープ」、豆乳を入れて、ごぼうの形がなくなるまで攪拌する。鍋に移して温めてから器に盛る。

※ ごぼうの香りをそのまま味わうようなポタージュ。こんがりと香ばしくなるまで炒めるのがこつです。ミキサーにかけたあと、冷やして冷製にしてもおいしくいただけます。

ごぼう

大地を守る会の『ごぼう』はこちら

とりがらスープ

大地を守る会の『とりがらスープ』はこちら

大地を守る会の豆乳(国産丸大豆)

大地を守る会の『大地を守る会の豆乳(国産丸大豆)』はこちら

遠田 かよこさん
遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。『カタログ 大地を守る』のフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。