レシピ

りんひろこさんの今月の野菜ごはん<深谷ねぎ> Vol.5

<ねぎ好きにはたまらない>深谷ねぎ3つのとろけるレシピ

ジャーサラダをはじめ野菜レシピでおなじみの、りんひろこさんは、大地宅配をご利用くださっているお一人。生命力あふれるおいしい季節の野菜を、もっと楽しむためのレシピを毎月ご紹介します。今回は、この時期ならではのほっこりメニュー、深谷ねぎレシピをご紹介します。

 

 

dsc05490-%e7%b9%a7%ef%bd%b3%e7%b9%9d%e6%96%90%e3%83%bb

 

これから冬にむけて、どんどん甘くなる長ねぎ

寒くなってくると鍋が恋しくなってきますね。鍋の定番野菜といえば、長ネねぎと白菜。冬に野菜が甘くなるのは、糖度を増すことで身が凍るのを防ぐからともいわれています。そのような自然の知恵により甘くなった野菜を、私たちが美味しくいただいているわけなのですね。


長ねぎにはいくつかブランドがありますが、その一つが埼玉県深谷市周辺で栽培されている「深谷ねぎ」です。その甘さから、地元ではすき焼きの際に砂糖を入れないという人もいるのだとか。それも納得。深谷ネギは皮をめくった白い部分が本当に柔らかく、きめ細やかでとても甘いです。

今回のレシピももちろん、他の長ネギでも作れます。ぜひ、これからの寒い時期、どんどん甘くなってくる長ネギを使って作ってみてください。

 

dh-15150-062

「深谷ねぎ」生産者の黒沢雅樹さん。幻の品種”農研2号”を栽培。

 

蒸し鶏の深谷ねぎソース

緑の部分も根元の方半分くらいは柔らかく、そのままでは多少辛みがありますが、加熱するとトロリと甘くなって美味しいのでぜひソースとしても味わいたいです。

dsc05523

このレシピは、鶏もも肉をレンチンした蒸し鶏に、ごま油、みじん切りの深谷ねぎ、酢、砂糖、塩で味付けたソースをかけます。深谷ねぎソースとして、4,5日保存も可能。その他、焼き魚にかけたり、豚しゃぶのタレとしてもOKです。

<材料(2人分)>

鶏もも肉 1枚
塩 少々
酒 大さじ1

Aねぎダレ
酢 大さじ1
塩(粗塩※) 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
ごま油 大さじ1

深谷ねぎ 1本

※精製塩を使う場合は、小さじ1弱にする。

 
< 作り方 >
 
1.深谷ねぎはみじん切りにする。緑の部分も先の方の乾燥したり黄色くなっている部分を除いて、みずみずしい部分をみじん切りにして加えます。
鶏もも肉は両面に塩をまぶしてから器に入れて酒をふり、軽くラップをして600wで5分加熱し、ラップをしたまま15分以上置いて人肌程度にまでさましてからスライスする。
2.ねぎダレを作る。酢と塩、砂糖を混ぜ合わせて塩が溶けたらごま油を入れて、トロリとするまでかき混ぜたら1のねぎを加えてねぎソースを作る。
3.皿に1の鶏もも肉を盛り、上に2のねぎダレをたっぷりかける。

 
 
dsc05538-%e7%b9%a7%ef%bd%b3%e7%b9%9d%e6%96%90%e3%83%bb

◎ねぎダレは、鮭や白身魚、豚しゃぶのタレ、サラダのドレッシングとしても美味しい。キュウリやトマトにかけても良いので、分量の倍量を作って常備しても良い。(冷蔵庫で4,5日保存可)
◎茹で鶏を作る時に残った汁は、鶏スープとしてスープに入れたり、野菜炒めに加えると美味しい。
 
  

深谷ネギのポタージュ

深谷ねぎの自然の甘みとうまみを味わうためには、ポタージュスープはコンソメなどを加えず、昆布だしのみで作ると後味がすっきりとしたスープに仕上がります。

 

dsc05522

 

 <材料(2人分)>
 昆布 5×5 1枚
水 300㏄

深谷ねぎ 中3本
じゃが芋 中2個(大きければ1個でOK)
オリーブオイル 大さじ1/2
牛乳 150㏄
塩(粗塩) 小さじ1強
こしょう 少々

白みそ※(お好みで)大さじ1
※白みそがなければ、お好きな味噌でもOK
 
  < 作り方 >
 
1.昆布は水につけて15分以上置いておく。深谷ねぎは縦に二等分に切り込みを入れてから1cm程度に切っていく。緑の部分は根元のみずみずしい部分は同様に切って使います。じゃが芋は皮をむいて小さめの1口大に切っておく。
2.鍋にオリーブオイルを熱し、深谷ねぎとじゃが芋を7,8分程度炒めてねぎが透明になりクタッとしたら1の昆布水を昆布ごと入れ、15分以上煮てねぎがくたくたになったら昆布を取り除いてからミキサーにかけて、牛乳を加え、塩を入れてみそも溶きいれ、こしょうをふる。ジャガイモが多くてとろみが強い場合は、牛乳を少々足してゆるめると良い。
 
 

深谷ねぎの和風マリネ

お酒のつまみや、鍋の口直しには、ピリ辛なタレがねぎの甘みを引き立てる、
ねぎのマリネがおすすめです。
 
dsc05483-%e7%b9%a7%ef%bd%b3%e7%b9%9d%e6%96%90%e3%83%bb
 
 
 
<材料(2人分)>
 
輪切り唐辛子 1つまみ(お好みで)
深谷ねぎ(白い部分も緑の部分も使います) 4本
油 大さじ1/2
A
ぽん酢 大さじ2
ごま油 大さじ1
  
<作り方>
 1.保存容器かボウルにAを合わせておく。深谷ネギは緑色の先の方の乾燥した部分や黄色くなった部分を除いて4㎝幅に切る。
2.フライパンに油を熱し、深谷ねぎを入れて弱火で15分程度で両面をじっくりと焼き、中までくたっと柔らかくなったら熱いうちに1のつけだれにつけて冷ます。 
 
 
 

_MG_4523 (2) (1)

りんひろこ プロフィール

料理研究家、フードコーディネーター。京都で学んだ懐石料理や、アーユルヴェーダや薬膳などの東洋の食養生の考えをもとにした美味しく簡単にできる料理を、TVや雑誌などで提案。著書に『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』『ジャースチームレシピ』(世界文化社)がある。
http://minato-kitchen.com

大地宅配編集部

大地宅配編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。