レシピ

~みそ蔵マニア 岩木みさきの連載コラム~

みそを使って今夜は中華料理を作ろう! ~薄切り豚バラでもボリュームアップ! 春キャベツの回鍋肉~

 

特別な調味料を使わなくてもできます!

 前回に続きみその活用術をご紹介させていただきます。

 今回は旬の春キャベツを使って、さっと作れる中華料理の代表「回鍋肉」! 東海地方ではおなじみ、関東圏の方は米味噌に慣れているためあまり使われたことがない方も多い豆みそを使います。豆みそは熟成期間が長く色が濃いのが特徴です。見た目のイメージほど塩味はなく、うまみ成分がギュッと詰まっている味噌です。
 みそがあれば特別な調味料がなくてもおいしい中華が作れます。


関連記事:「みそ=味噌汁」だけじゃない! 万能みそ調味料と朝食レシピ

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

みその使い方のおさらい♪

みそを使うことで味噌味になる以外に・・・
量を加減することで塩味、こく、風味、色、かくし味としての効果も発揮してくれます。
お料理の味を調える際に、塩や醤油の代わりにみそを使用するイメージです。

【使用例】
●塩味がしっかりしたみそ→みそ味、塩味
●熟成期間が長い、また生みそ→風味、こく
●麹歩合が高く甘いみそ→色、かくし味

 

【送料無料】はじめての方限定 お試しセットが約50%OFF

“みそ”を使った中華料理「回鍋肉」

回鍋肉

熟成期間が長くこくのある豆味噌は砂糖と合わせて使うことで甜麺醤の味付けに近づきます。

【材料】(2人分)
豚バラうす切り肉 200g
酒 大さじ1
塩 少々
おろしにんにく 小さじ1
キャベツ 1/4コ(200g)
A) 豆味噌大さじ2
A) 砂糖小さじ2
A) 酒大さじ1
A) 水大さじ2
A) 片栗粉小さじ1/2

【作り方】
1.ボウルに A の調味料を合わせておく。キャベツはざく切り、豚バラはうす切りにし、肉は数枚重ねたまま大きめに切る。
2.フライパンに豚バラ肉を並べ、中火~強火で焼き色が付くようにしっかり焼く。 
豚バラ肉

3.豚バラ肉を取り出し、おろしにんにくを入れて火にかけ、良い香りがしてきたらキャベツを加えさっと炒める。
4.キャベツがしんなりしてきたら、取り出した豚バラ肉とよく混ぜたaを加え強火で仕上げる。

【ポイント】
・豚バラ肉を先に焼くことで油を使わずに作れます。
・豚バラ肉を焼いているときは動かさないこと。焼き色が付くとおいしそうに見え、はがれにくいかたまり肉になります。
・豆味噌はかたいものが多いので、水分で伸ばして使うと扱いやすいです。
・片栗粉を加えることでタレがキャベツと肉によく絡みます。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。