学ぶ

食も暮らしも、やっぱり自然が一番!

【NEWS大地を守る1月号】“まめ”でいいじゃないか

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

豆

一年のはじめには、「まめ(まじめ・健康)に暮らせるように」と豆をいただきます。でも、普段は忙しい毎日を過ごしていませんか? 忙しくも“まめ”に暮らしている、大豆の生産者・平譯優(ひらわけまさる)さんを訪ねました。

 

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

畑の土から栄養をしっかり吸収。うまみが濃い完熟大豆

 一面に畑が広がる北海道十勝平野で、35年以上農薬や化学肥料を使わず豆や野菜を育ててきたのは、平譯 優(ひらわけまさる)さん。味噌作り用大豆でもおなじみの生産者です。今季は6月の多雨、10月の台風で「豆や野菜を思うと心が痛んだ」と言います。そのような状況でも、平譯さんのおいしい大豆作りの姿勢は変わらず、“まめ”にあります。

生産者

「『大豆、良かったよ』という声が消費者から届くとうれしいし、ありがたい」とにっこりする平譯さん。


 一般的には、大豆の水分がまだ20~25%もある早い時期に収穫することがしばしば。平譯さんは、土から栄養をしっかり吸収させてうまみを蓄積させるため、極力長く畑に豆をならせておき、大豆の水分が15%になるまでじっくり待ちます。収穫は、毎日天気を見計らいながら、完熟状態を見極めて行います。

豆

「じっくり待つ。これが実は難しいことでもある」

 

【送料無料】おいしい・便利・安心がかなう宅配!まずはお得に、お試しセット1,980円!

北風による自然乾燥で豆の風味が違います

 収穫した大豆の乾燥も、平譯さんは昔ながらの「にお積み」で自然乾燥を続けています。「にお積み」とは枝ごと畑に積み上げて置き、北風でじっくりと乾かす方法です。

畑

重労働で寒い季節に作業を行うことから、にお積みを行う農家は今ではあまりいないとか。

「早く大量にできる機械乾燥もあるけど、やっぱり自然乾燥。大豆の香りとうまみが出るから。今季は風が控えめだったから少し長めに乾かしたんだ」と平譯さん。炊き上げたときのいい香りとふくよかなうまみは、自然と呼吸を合わせた“まめ”なお付き合いから生まれています。
 「冷たい風が吹くほどうれしくなるね」。“まめ”を楽しむ平譯さんの大豆、じっくり味わってみてください。

 

平譯さんの大豆を含めた大地宅配の豆はこちら

これさえ覚えておけば“まめ”に食べられる!ストックゆで大豆

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。