レシピ

自分を作る一歩一歩整えごはん

大人の献立vol.51:冬採りのおいしさ「ほうれんそう」で旬のおかず

【みんなのきょうの料理コラボレシピ付き】旬の野菜お試しセットが58%OFF!1980円【送料無料】
ほうれんそうとサバ缶の和グラタン(左)、牛肉と青菜のエスニック風卵炒め(右)
ほうれんそうとサバ缶の和グラタン(左)、牛肉と青菜のエスニック風卵炒め(右)

冬採りのほうれんそうは甘く栄養価も高いので、ぜひ旬の間にいただきたいものです。とりわけ味わいの濃さが際立つ有機栽培のほうれんそうなら、いつもと違った力強いアレンジにも負けません。

タイ料理で活躍するスイートチリソースは酢、にんにく、砂糖、とうがらしの調味料ですから、炒め物の味付けにもぴったり。ほうれんそうがエスニック香る食材に大変身します。

【みんなのきょうの料理コラボレシピ付き】旬の野菜お試しセットが58%OFF!1980円【送料無料】

Recipe 1
ほうれんそうとサバ缶の和グラタン

ほうれんそうとサバ缶の和グラタン
ほうれんそうとサバ缶の和グラタン

【材料(2人分)】
ほうれんそう・・・100g
サバ水煮缶・・・1缶(160g)
「大地を守る会のクリームシチュウ(ルウタイプ)」・・・2片
シュレッドチーズ・・・30g
牛乳・・・250ml
「醤油こうじ」・・・小さじ2
卵黄・・・1コ分

【作り方】
① ほうれんそうは、ゆでて1cm幅に切り水気をしっかり絞っておく。

② 鍋に牛乳を沸かしてルウを割り入れ、サバ水煮缶の汁、「醤油こうじ」を入れてとろみがつくまで煮る。卵黄を加えて混ぜ、火を止めてから、①とサバ水煮缶を混ぜる。

③ ②をグラタン皿に入れてシュレッドチーズをのせ、オーブントースターで表面に焼き色がつくまで焼く。

※ ホワイトソースに卵黄を入れることで濃厚な味わいになります。サバ水煮缶の汁と「醤油こうじ」の風味によって和の香りのする大人のグラタンに仕上がります。

さば水煮缶

大地を守る会の『さば水煮缶』はこちら

大地を守る会のクリームシチュウ(ルウタイプ)

大地を守る会の『大地を守る会のクリームシチュウ(ルウタイプ)』はこちら

醤油こうじ

大地を守る会の『醤油こうじ』はこちら

【みんなのきょうの料理コラボレシピ付き】旬の野菜お試しセットが58%OFF!1980円【送料無料】


Recipe 2
牛肉と青菜のエスニック風卵炒め

牛肉と青菜のエスニック風卵炒め
牛肉と青菜のエスニック風卵炒め

【材料(2人分)】
ほうれんそう・・・100g
牛肉・・・150g
卵・・・3コ
スイートチリソース・・・大さじ3
なたね油・・・大さじ1
塩・・・ふたつまみ

【作り方】
① ほうれんそうは洗って根を落として5cmの長さに切る。卵は溶きほぐし塩ひとつまみを加え、フライパンになたね油をひいて熱したところに一気に流し入れ、半熟で取り出しておく。

② ①のフライパンで牛肉、ほうれんそうの順に炒め、塩ひとつまみを振り、スイートチリソースを加える。

③ ②に①の卵をさっくり混ぜ合わせて、火を止める。

※ スイートチリソースを味付けに使って、ほんのりアジアンな炒め物に。これだけで酸味、辛み、甘みがバランスよくそろっているので失敗知らずです。

ほうれんそう

大地を守る会の『ほうれんそう』はこちら

短角牛小間切れ

大地を守る会の『短角牛小間切れ』はこちら

有機スイートチリソース

大地を守る会の『有機スイートチリソース』はこちら

遠田 かよこさん

監修/遠田 かよこさん
エンタクッキングスタジオ主宰。『カタログ 大地を守る』のフードスタイリングを手掛けるフードディレクター。薬膳アドバイザー、国際薬膳食育士としても活躍。

大地を守る会編集部

大地を守る会編集部

大地宅配編集部は、“顔の見える関係”を基本とし、産地と消費地をつなぐストーリーをお届けします。